読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほどほどシンプルライフ

三十路、二児の母が子育てとシンプルライフの両立について考えるブログです。モットーは「ほどほどに」。

子供のひじが抜けた⁈ 肘内障(ちゅうないしょう)ってご存知ですか?

2歳8か月の長男、これまでに3度も肘内障(ちゅうないしょう)になっています。。

 

肘内障とは…こちらにまとめがありました。

matome.naver.jp

 

手を急に引っ張ったり、ひねったりした拍子に、ひじの関節の骨と骨をつないでいる靭帯から骨が外れたりずれたりするのだそうです。

5歳以下の子供にはよくあるのだそう。

 

長男の場合、1回目は病院には行きませんでした。ソファで飛び跳ねていたときに急に「腕が痛い~!」と泣き出したのですが、「ここ?このへん?」とひじを触っていたらなんだかコリッという感触がして、本人もケロッと機嫌が直ったのでよく分からないけどまあいっかで終わりました。。

 

2回目もソファで遊んでいたとき。腕を下にしてダイブしたらまた「痛い~~!」と泣き出して、何をしても機嫌が直らなかったので心配になって、休日夜間でしたが電話相談で担当病院を紹介してもらって隣の市まで行きました(-_-) そのときの病院で初めて「肘内障」を知りました。

 

3回目は今日の日中。どこかにぶつけたか何かで、また痛がって腕を動かそうとしなかったので肘内障っぽいなと思い近所の整形外科へ。案の定で、また一瞬で治していただきました。

 

どうも肘内障は一度なると再発しやすいらしく、また「なりやすい子」というのもいるみたいなので長男は今後も要注意かなと思っています。。

肘内障の整復は誰でもできる簡単な方法(私も1回目はたまたまできたみたいですし)なのですが、骨折など他のトラブルの場合もありますので、お子さんがひじを痛がっているときは整形外科や小児科を受診されたほうが良いと思います。

2回目のときは休日夜間でしたし、一瞬で治ったので「受診するまでもないことだったのかな・・・?」と思ってしまいましたが、そのときの先生は「少しでも気になったら気軽に受診してくださいね」と仰ってくださいました。

 

小さい子供には病気やけががつきものですし、重症なのか軽症なのか、病院に行くのか行かないのか判断が難しいことも多いですよね。病気もけがもないほうがいいですが、自分が経験したことが誰かの参考になればいいなと思うので、また何かあれば記事にします。